ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール

ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール
新宿ハイヤットホテル東京
2003年4月25日(金)
シャルロット・ゲンズブール
イヴァン・アタル

CharlotteGAINSBOURG
父はセルジュ・ゲンズブール、母はジェーン・バーキンの俳優一家。1971年ロンドン生まれ。84年「残火」で映画デビュー。「なまいきシャルロット」で セザール賞有望若手女優賞。イヴァン・アタルと結婚し、一児を出産。99年「ブッシュ・ド・ノエル」でセザール賞助演女優賞を受賞した。

YvanATTAL
1965年イスラエルのテルアビブに生まれ、2歳でパリ郊外に移住する。90年「愛を止めないで」で共演したのをきっかけにシャルロット・ゲンズブールと の交際が始まる。その後2人は「愛されすぎて」(91)、「ラブetc」(96)で共演。監督としては長編デビューとなる本作が、セザール賞第1回監督作 品賞候補となった。

私生活でもパートナーである2人が、劇中でも夫婦を演じる。シャルロットは人気女優として。イヴァン・アタルは妻が女優であることに振り回されるスポーツ 記者の夫に扮する。「なまいきシャルロット」「シャルロット・フォーエバー」など実際の生活と演じる役柄の雰囲気が重なることが多いシャルロットだが、そ れらの作品と本作あわせて、あくまでも映画の作品であることを繰り返した。「『なまいきシャルロット』『シャルロット・フォーエバー』では自分とは違う人 物を演じました。自分自身をベースに描かれた脚本でも、その人物は全くそのままの自分ではないので、自分自身の素を見せたとは考えていません。今回の劇中 の人物像は全く私らしくない自分と違った人物でした。実際のところ、この作品は女優を描いていているわけであってそれが自分でなくても良かったわけです」

と言うものの、本作では衣装の6割も私服を使用していることについては「今回の劇中の人物像は全く私らしくない自分と違った人物でしたので、当初衣装に私 物を取り入れる予定はありませんでした。撮影中に部分的に私物を取り入れた方が自然な場合があり、そうしているうちに結果的に6割自分の私物を利用しまし た。もちろん、スチュワーデスの格好は私の衣装ではありませんが(笑)」

そして気になるのは夫であるイヴァン・アタルの作品という点。「出来上がった作品を見るのは欠点が浮き上がって見えるので怖いことですが、今回の作品は感 動しました。イヴァンの世界が描かれています。それを映画を通して見ることが出来たことに感動しています」と微笑ましい。

タイトルでは原題「ma femme est une Actrice(僕の妻は女優)」が邦題では「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」と名前が使用されていることに関しては、イヴァン・アタルが少々意 図に反する題名であることを述べた。「この映画は女優を持った旦那の話で、シャルロット・ゲンズブールを意味するものではありません。もしシャルロット・ ゲンズブールの話を撮ったならばもっと違った別の作品になっていただろうし、パート2、パート3まで続く大作になっていたことでしょう。私が伝えたかった ことは俳優の難しさです。俳優はある人物を演じていても脱いだ瞬間、観客はその人物自体に注目します。服を脱いでしまうとその演じている人物ではなくなっ てしまう。もし自分の妻が女優であったら、ということを感じて欲しかったのです」

元祖フレンチ・ロリータであるシャルロットの名前を使った方が映画として売れるという、日本でのマーケティングの視点も理解できなくはない。監督の意図と はかけ離れてしまったとはいえ、邦題の付け方だからこそ、劇中の2人が実生活の2人とどこまで重ね合うのかを想像する楽しみが残るのは確かだろう。邦題の 意味に対して監督の意見がはっきりと聞けたことは結構貴重だったと言える。

今後の俳優・監督活動について、色々な国やアメリカのメジャー系に出演していきたいと考えているのかについて、シャルロットは「まずは演技を続けたいと考 えています。作品がいいかどうか、シナリオがいいかどうかで決めるので国はあまり関係ありません。少し前にアメリカで一本撮って非常に楽しかったですし、 巡り会いがあればハリウッド系の映画に出るのも一つの選択だと考えています」と、女優を今では天職と感じていることが伝わってくる。

一方、イヴァン・アタルは「撮りたい作品のテーマによって変わってきます。色々な街でも非常にきれいなところを見ると撮りたいという衝動に駆られます。そ れにフランスだけでしか制作をしないというのも寂しいですね。これは2本目でイギリスでのシーンも取り入れましたが、テーマによりけりで世界中の色々の地 域で撮る可能性は十分にあります。3本目はフランス国内を考えています。次もシャルロットと製作する予定です」と、夫婦合作の次回作も楽しみな発言を残し て会見を終了した。

チェーンスモーカーとして知られるシャルロット。会見中もタバコを休める様子はない。イヴァン・アタルも葉巻を吸いながらの進行で、フランス人俳優ならではといったところか。飾らないナチュラルな雰囲気をまた2人で見せて欲しいものである。

About the author: admin